踊場地区センター ブログ

踊場地区センターは「公益社団法人とつか区民活動支援協会」が管理運営をしています

『夏を乗り切る薬膳料理教室』(第3回)

9月に入りましたが、昨日(9/2)は、暑さがひとしお厳しかったですね。

そのような中、『夏を乗り切る薬膳料理教室』の第3回目が開催されました。

今回で最終回です。メニューは

          「粽子(チョンズ)」・・・ちまきのことだそうです

          「海老ときゅうりのヒスイ炒め」

          「山葯肉餅(サンヤオローピン)」・・・長芋と豚の酢炒め

でした。

f:id:odoribacc:20190903174720j:plain

ヒスイ炒めの名にふさわしく、炒めたキュウリの緑色が鮮やかで涼し気でとてもきれいでした。もちろんお味もゴマ油の風味が絶品でとてもとても美味しかったです。

ちまきもいろいろな具材が入っていて、もちもちと美味でした。

調理台の上に材料が置かれていましたので、参考に1枚撮影させていただきました。

f:id:odoribacc:20190903175120j:plain

左下は、お分かりになる方もいらっしゃると思います。(そうです。松の実です。)

では、左上は何でしょう???

私はわかりませんでした。(答えは、・・・蓮の実だそうです。)ちまきにたくさん入っていて、ほくほくとして美味しかったです。

どれも(私は)普段なかなか使うことの無い食材でしたが、ちまきの中で、それぞれの味と食感が何ともいえないハーモニーを生み出していて、これはぜひ作り方を覚えて再現したいと思わせるおいしさでした。

クコの実は、柏尾川の堤防に自生していて、子どもと一緒に採ったことがあります。

蓮の実、松の実、干し海老は買わないといけないかな。

あともう少し、暑さが続くようですが、身体のことを考えた食材を使って、家族全員元気に過ごしたいと思います。

 

全3回の講座で、薬膳について丁寧にやさしくご指導くださいましたS先生。ありがとうございました。

次は10月1日(火)の『お芋いろいろ使い切りレシピ講座』でお世話になります。

お申し込みは、9月11日(水)14時からお電話にて受付いたします。先着15名様までとなっております。お申し込みはお早めに!